■ タイのことわざ
■ 業務紹介
■ タイ語別館
■ 会社情報
■ 広告

HOME > タイ語別館  > タイのことわざについて > りす

リスに穴を教える


利益になる情報を教えること

客が会社に対して損害賠償を要求する権利を有していることを知らないのなら、 あなたはリスに穴を教えない方がいいです

「穴」はここではリスが住む穴のことです。 「リスに穴を教える」はリスに穴の入り口を教えるという意味です。 このことわざは他の人に役に立つ情報を教えてあげるという意味です。

▲PageTop

リスを見ずに弓をひく


適切な時期がこないうちにあわてて何かをすること

彼女は旅行できるかどうかまだはっきり決まっていないうちに 服を新調してしまいました。「水を見ずに筒を切る」「リスを見ずに弓をひく」ですね

「リスを見ずに弓をひく」はよく「水を見ずに筒を切る」と一緒に使われます。 「リスを見ずに弓をひく・水を見ずに筒を切る」と言われます。 森に入って行く時、行き先に水があるかどうか分からないうちに竹筒を用意する必要はありません。 水がなかったら竹を切って筒を作り、それの筒を森に持っていくのは無駄になるからです。 リスを撃つ時にも、まだリスを見ないうちに弓をひくとその弓を引いた力が無駄になりますから、 弓をひかないほうがいい。この諺は先のことがまだ分からないのに急いで何かをする時に使います。

▲PageTop