■ タイ中部の県
■ タイの地図
■ 広告

HOME > タイ語別館 > タイの地図 > ナコンサワン

ナコンサワン (Nakhon sawan)

古来の名称は「パークナムポー(ポー河の河口)」、現在の名称ナコンサワンは「天国の都市」という意味です。ナコンサワン県は、北部地方への入り口に位置し、北部への交通拠点となっています。また、ピン川・ワン川・ヨム川・ナーン川が合流し、タイ最大の水源であるチャオプラヤー川の源流地点となっており、農業・淡水漁業の中心地としての役割を果たしています。
面積9597.7k?、バンコクから北へ約240km。県木・県花は、オオバサルスベリ。特にこれといった観光名所はありませんが自然があふれており、釣り・バードウォッチングには最適な場所です。

タイの地図 ナコンサワン

Amnart charoenAng thongAyutthayaBangkokBuriramChachoengsaoChainatChaiyaphumChanthaburiChiang maiChiang raiChonburiChumphonKalasinKamphaeng phetKanchanaburiKhon kaenKrabiLampangLamphunLoeiLop buriMae hong sonMaha sarakhamMukdahanNakhon nayokNakhon pathomNakhon phanomNakhon ratchasimaNakhon sawanNakhon si thammaratNanNarathiwatNong bua lamphuNong khaiNonthaburiPathum thaniPattaniPhang-ngaPhatthalungPhayaoPhetchabunPhetchaburiPhichitPhitsanulokPhraePhuketPrachinburiPrachuapkhirikhanRanongRatchaburiRayongRoi etSa kaeoSakon nakhonSamut prakanSamut sakhonSamut songkhramSaraburiSatunSing buriSi saketSongkhlaSukhothaiSuphan buriSurat thaniSurinTakTrangTratUbon ratchathaniUdon thaniUthai thaniUttaraditYalaYasothon

▲PageTop

ナコンサワンへの交通

バス
北バスターミナル(モーチット)よりバンコク−ナコンサワン行き直通バスが毎日頻繁に運行。所要時間約3時間半。列車よりバスの方が便利です。

鉄道
バンコク−ナコンサワン行き毎日運行。普通列車の所要時間は約5時間、急行列車で約3時間〜3時間半。

▲PageTop

ナコンサワンの観光スポット

ブンボーラペット 
チャオプラヤー川を形成する支流と細い水路でつながっているタイ最大の淡水湖。(132,737ライ)周辺には豊穣な湿地帯が延々と広がっています。雨季のチャオプラヤー川氾濫時には、付近の湿地帯すべてを湖の一部とし膨張しつつ水量調節の天然ダムの役目を果たしています。
タイに生息するほとんどの魚が生息しており、湖岸一面に蓮の花が咲き乱れています。約148種の生物と44種の植物が生息しています。現在絶滅状態にあるシャムタイガー(ダトニオ)が最も多く生息しており、タイ政府の厳重な保護下におかれています。


ワット・チョムキリナークプロット(チョムキリナークプロット寺)   
別名「ワット・カオ(カオ寺)」。
スコータイ王朝時代に建立された寺院で、デチャティウォン橋近くの丘の上に建っています。寺院内にはアユタヤ王朝時代の仏像と釈迦の仏足跡が残されています。

サワン公園(ウッタヤーン・サワン)  
チェンマイ-ピサヌローク分岐点近くの丘の頂上に位置する大型公園。公園内には、芝生・噴水・ステージ・滝等があります。

サーン・チャオ・ポー・テーパラック−チャオ・メー・タプティム(男神テーパラックと女神タプティムの神社)
チャオプラヤー川の右岸パークナムポー地域に位置し、チャオプラヤー川の水の神への感謝を示すため建立されました。

チャオプラヤー川の源流   
ピン川とナーン川が合流しチャオプラヤー川と名称を変えます。長さ370kmでバンコクを経由し流れサムットプラカーン県でタイ湾に注ぎます。

ワット・グリアンクライクラーン(グリアンクライクラーン寺)
寺院内にはスコータイ王朝時代の仏像や仏足跡が残されています。

ワット・シーサワンサンカーラーム(シーサワンサンカーラーム寺)
別名「トゥーナム寺」。
官吏が誓いの水を飲み国王に忠誠を誓う儀式をとり行う場所として建立されました。市街地より4kmの地に位置し、王室御用達であり、県最古で重要な寺の一つと考えられています。

ワット・ウォラナートバンポット(ウォラナートバンポット寺)
別名「カウ・ゴップ(カエル山)」。
カエル山海抜185.5mに位置する歴史のある古い寺。スコータイ王朝時代に建立され、宗教庁より奨励され、高僧協会は1966年この寺を寺院開発の手本としました。

ワット・ナコンサワン(ナコンサワン寺)
この寺には二つの仏像があり、一体は東に、もう一体は西に向いており、ミャンマー人により建立されたと考えられています。

ナコンサワン文化会館
ここにはナコンサワンの歴史、考古学、文化に関する資料が収められています。また110席ある劇場も併設されています。

ボーヤー洞窟(タム・ボーヤー) 
市街地より約30km離れた丘に位置し、素晴らしい鍾乳石と石筍があります。

▲PageTop

ナコンサワンの祭りと文化

パークナムポーのジャオ・ポー、ジャオ・メー・パレード
ナコンサワンはタイで中国人が初めて入植した街であり、中国正月(2月)に行われる竜踊りは、とてもエキサイティングなものとして有名で、毎年多くの観光客が訪れます。

ロングボートレース
ロングボートレースは毎年9月にチャオプラヤー川で地域の団結を示す目的で開催されます。

▲PageTop

ナコンサワンの特産品

装飾品から仏像に至るまでのあらゆる手工芸品と象牙の彫刻製品。その他、大理石や蜂蜜。「もち」という菓子・魚のつみれ等。

▲PageTop

ナコンサワンのOTOP

1)5つ星  クラーンデート村の「竹編みかご」
OTOP NO. 600102-A001


竹で編んだ背の高いかごです。底は角ばっており、口は丸く作られています。
サイズ:幅 27cm  長さ 30cm  高さ 30 〜 40cm  重量 340g
小売価格  250 バーツ  卸売価格  200 バーツ


2)5つ星  ニコムカオボーケーオ村の「陶器の花瓶」
OTOP NO. 6010038-B001

表面にシルクで模様付けされたラグビーボール型をした陶器の花瓶です。
サイズ:最大幅(中央) 19cm  長さ 19cm  高さ 24cm  重量 2,035g
小売価格  400 バーツ  卸売価格 250 バーツ


3)5つ星  ノーンパリン村の「液肥」
OTOP NO. 600116-SA001

セブングリーン印の液肥です。薬用植物から作られたこの液肥で虫を追い払い駆除します。
重量:1リットル
小売価格  150 バーツ


4)5つ星  カオチャーイトン村の「手織り布」
OTOP NO. 601207-A002

流れるような模様が特徴の手織り布です。
小売価格  150 バーツ/m  卸売価格  125 バーツ/m


5)5つ星  パークナームポー村の「ルークチン」
OTOP NO. 600101-SC001

ナギナタナマズ肉 100 %のルークチン(肉団子)です。
小売価格  130 バーツ  卸売価格  100 バーツ

▲PageTop