■ タイ東部の県
■ タイの地図
■ 広告

HOME > タイ語別館 > タイの地図 > チャチュンサオ

チャチュンサオ (Chachoengsao)

チャチュンサオはアユタヤ時代からの古い歴史を持つ町の一つです。バンパコン川沿いや運河沿いに住居が並んでいます。もともとプラチンブリー県にある一つの町でしたが、1916年に町から県へと独立しました。プタソートーン僧が篤く信仰されている地域です。チャチュンサオとはクメール語で「深い運河」という意味です。チャチュンサオ県は通称「ベートリウ」とも呼ばれます。由来はこんな言い伝えから来ています。昔、この辺りでは、大変大きなプラーチョン(ドジョウ科の魚で、20-70cm 白身で味の良い魚)がよく捕れました。あまりに大きいので、干し魚に加工するときには切れ目を8すじ(ベートリウ)も入れなければなりませんでした。そこで、この土地はベートリウと呼ばれるようになりました。ベートは数字の8、リウは切れ目、筋のことです。

タイの地図 チャチュンサオ

Amnart charoenAng thongAyutthayaBangkokBuriramChachoengsaoChainatChaiyaphumChanthaburiChiang maiChiang raiChonburiChumphonKalasinKamphaeng phetKanchanaburiKhon kaenKrabiLampangLamphunLoeiLop buriMae hong sonMaha sarakhamMukdahanNakhon nayokNakhon pathomNakhon phanomNakhon ratchasimaNakhon sawanNakhon si thammaratNanNarathiwatNong bua lamphuNong khaiNonthaburiPathum thaniPattaniPhang-ngaPhatthalungPhayaoPhetchabunPhetchaburiPhichitPhitsanulokPhraePhuketPrachinburiPrachuapkhirikhanRanongRatchaburiRayongRoi etSa kaeoSakon nakhonSamut prakanSamut sakhonSamut songkhramSaraburiSatunSing buriSi saketSongkhlaSukhothaiSuphan buriSurat thaniSurinTakTrangTratUbon ratchathaniUdon thaniUthai thaniUttaraditYalaYasothon

▲PageTop

チャチュンサオへの交通


1.バンコク→国道304号線(ミンブリー)→チャチュンサオ。約75km。
2.バンコク→国道34号線(バンナー−トラート)→国道314号線(バンパコン)→チャチュンサオ。約90km。
3.バンコク→国道3号線(サムットプラカーン−バンパコン)→国道314号線→チャチュンサオ。約100km。

バス
バンコク北バスターミナル、東バスターミナルからチャチュンサオ行きが運行しています。

鉄道
バンコクホアランポーン駅からチャチュンサオ行きが毎日11便運行しています。

▲PageTop

チャチュンサオの観光スポット

ソートーンクラーラームウォラハーン寺院
バンパコン川ほとりにあるお寺で以前はワット・ホン(ホン寺)と呼ばれていました。アユタヤ朝末期に建立され、チャチュンサオ県を代表する「プッタソートーン僧の像」が祀られています。県民はこの仏像を豊作の神様として篤く信仰しています。座禅を組んだ姿で膝幅は1.65m、高さ1.48m。言い伝えによると、この仏像は川の流れに逆行して流れていたところを引き上げて祀られた奇跡の仏像です。本来は膝幅50cmで青銅の大変美しい仏像でしたが、そのあまりの美しさに仏像が持ち去られることを心配した僧侶が像を石灰で覆ったために現在の姿となりました。今日では大勢の人が参拝し仏像に金箔を貼り付けていきます。

プラヤーシースントーンウォハーンの記念碑(ノーイ アジャーンヤーングーン)
シーソートン通りにあります。プラヤーシースントーンウォーハーンはチャチュンサオ県出身のラマ5世の元でタイ語の研究を行なった学者です。ラマ5世は何冊ものタイ語テキストを著され、そのテキストは当時の国民にとっての最も優れたお手本となりました。

県の守護神を祀ったほこら
ナームアン通りに新たに建築されたタイ風建築物で屋根は切妻建築、建物上部は縦長の円錐形をしています。中には県の第一柱が2本立っています。1つは1834年に古都の第一柱として立てられ、もう1つは1895年に現都の第一柱として立てられました。参拝時間7時から16時。


マルポン通りにあるこの砦は、1797年、敵の侵入から守るために作られました。砦の前には公園が作られ人々の憩いの場となっています。

ワット・チーン・プラチャースモーソーン(レンホックジー寺院)
バーンマイ地区のスパキット通りにあります。大乗仏教中国式のこの寺院は1906年に建てられました。大きな四天王の塑像や中国の神像などが安置されています。

▲PageTop

チャチュンサオの祭りと文化

旧正月 
県内の華僑が中心となり5日5晩続けられる新年の祭りです。

5月祭り
3日3晩続く、プッタソートーン僧が引き上げられた日を記念したお祭りです。

マンゴー祭り
毎年3月〜4月頃のマンゴーの季節にプッタソート学校で行われます。この祭りではマンゴーや色々な農作物が売られ、農作物コンテストなどが行われます。

チャチュンサオ赤十字祭り
毎年11月にプラプッタソート礼拝祭りと一緒に行われます。

▲PageTop

チャチュンサオの特産品

加工バナナ
ラーチャサート地区の加工バナナ。色々な種類があります。

装飾品
動物の角を利用したアクセサリーや木製のアクセサリーがあります。

▲PageTop

チャチュンサオのOTOP

1)5つ星 バーンカー村の「焼きバナナ」
OTOP NO. 240701-A003

箱に描いてある小さめサイズのバナナ(クルアイナムワー)の完熟をたたいて板状にし、焼いたお菓子です。
サイズ:幅 17cm  長さ 23cm  高さ 3cm  重量 385g
小売価格  50 バーツ   卸売価格  45 バーツ

 

2)5つ星 セーンプーダート村の「バイトゥーイの香りの塩漬卵」
OTOP NO. 240516-B001

バイトゥーイとはタイのおやつの香りや色づけに使用される草(タコノキ科)で、この葉と一緒に茹でると、おやつにうっすら緑色がつき、甘い香りもつきます。本商品は塩漬けにした卵をバイトゥーイと一緒に茹でることで、塩辛さを抑え、香り良い塩漬茹で卵となっています。

 

3)5つ星 バーンウア村の「塩漬卵」
OTOP NO. 240403-SA001

メーキアオブランドの塩漬卵です。

 

4)5つ星 ワンイエン村の「液肥」
OTOP NO. 240902-F001

薬用植物デリスのみで作られた液肥です。
サイズ:幅 8cm  高さ 23cm
小売価格  150 バーツ  卸売価格  120 バーツ

 

5)5つ星 バンパコン村の「卵黄菓子」
OTOP NO. 240401-A002

卵黄に砂糖を混ぜ、熱湯に細く絞り出して線状にしたフォイトーン、花状の型に入れて熱湯で茹でたトーンジップなど種類豊富です。

 

6)5つ星 ナームアン村の「ドライマンゴー」
OTOP NO. 240101-SB004

マンゴーの果肉を練って焼いたドライフルーツです。

▲PageTop