■ タイ東北部の県
■ タイの地図
■ 広告

HOME > タイ語別館 > タイの地図 > ウボンラチャタニ

ウボンラチャタニ (Ubon ratchathani)

ウボンラチャタニとは「蓮の都」を意味し,イサーン地方の最東端に位置しラオス,カンボジアに隣接する国境の街です。この地は10世紀以降クメール王朝の支配下にありましたが,後にアユタヤ王朝に征服されました。18世紀末以降はラオス人が移住したため,街の中にはラオス様式の建築物を多く目にすることが出来ます。ベトナム戦争当時は米軍基地の街として賑わいましたが,戦後はすっかり落ち着きを取り戻し現在に至ります。

タイの地図 ウボンラーチャターニー

Amnart charoenAng thongAyutthayaBangkokBuriramChachoengsaoChainatChaiyaphumChanthaburiChiang maiChiang raiChonburiChumphonKalasinKamphaeng phetKanchanaburiKhon kaenKrabiLampangLamphunLoeiLop buriMae hong sonMaha sarakhamMukdahanNakhon nayokNakhon pathomNakhon phanomNakhon ratchasimaNakhon sawanNakhon si thammaratNanNarathiwatNong bua lamphuNong khaiNonthaburiPathum thaniPattaniPhang-ngaPhatthalungPhayaoPhetchabunPhetchaburiPhichitPhitsanulokPhraePhuketPrachinburiPrachuapkhirikhanRanongRatchaburiRayongRoi etSa kaeoSakon nakhonSamut prakanSamut sakhonSamut songkhramSaraburiSatunSing buriSi saketSongkhlaSukhothaiSuphan buriSurat thaniSurinTakTrangTratUbon ratchathaniUdon thaniUthai thaniUttaraditYalaYasothon

▲PageTop

ウボンラチャタニへの交通


バンコク→国道1号線→サラブリー→国道2号線→ナコンラーチャシーマー→226号線→ブリラム→スリン→シーサケット→ウボンラチャタニ。約630km。約10時間。

バス
バンコクのモーチット第2バスターミナルから毎日ウボンラチャタニ行きのバスが出ています。約12時間。198B〜535B程度。

電車
フアランポーン駅からウボンラチャタニ駅まで1日7本。約13時間。95B〜460B程度。

飛行機
バンコクドーンムアン空港からウボンラチャタニ空港まで毎日2〜3便。バンコク−ウボンラチャタニ約1時間。往復3,500バーツ程度。

▲PageTop

ウボンラチャタニの観光スポット

ウボンラチャタニ国立博物館
(ピピッタパン・サターンヘンチャート・ウボンラチャタニ)
1918年に建てられたクアンタニー通りに位置する国立博物館。広い中庭がある大きな木造の建物はかつて市庁舎として使用されていました。中には先史時代の土器やクメール時代の遺物が展示され,ウボンラチャタニの歴史や文化をうかがい知ることが出来ます。開館は水曜日〜日曜日の9:00〜16:00。

バーンガーンルアン遺跡(ピピッタパン・プート・バーンガーンルアン)
市街地から約5km離れたバーンガーンルアン寺院内にある1996年に発掘された考古学遺跡。土器や首飾り,鉄製の斧といった古代の工芸品や宝飾品,生活用具が発見されました。約1,500〜2,500年前のものであると考えられています。

スパッタナー・ラーム・ウォーラウィハーン寺院(ワット・スパッタナー・ラーム・ウォーラウィハーン)
スパッタナー・ラーム・ウォーラウィハーン寺院は,ラーマ4世時代の1853年に建立されたウボンラチャタニ県最初の寺院です。その建物はタイ,中国,ヨーロッパと3つの異なる建築様式が融合した造りとなっており,一見の価値があります。また同寺院はムーン川沿いに位置し,美しい静かな景色を楽しむことが出来ます。

サプー浅瀬(ゲーンサプー)
市街地から217号線で45kmのところに位置するムーン川の中にある岩礁。「サプー」とはスワイ語で「大蛇」を意味します。ムーン川の中に大きな岩がごろごろと顔を出しており,川遊びを楽しむことが出来ます。ただし雨季は川の水量が増えるため1月から5月までの乾季に限られます。毎年4月にはこのサプー浅瀬でソンクラーンのお祭りが催され大勢の観光客が訪れます。

2色の川(メーナーム・ソンシー)
ウボンラチャタニ郊外,コンチアム郡で見ることができます。コンチアム寺院の裏に2本の川,メコン川とムーン川の合流点があり,メコン川の茶色い濁った流れとムーン川の青い澄んだ流れが合流した後もしばらくの間混ざり合わず2色のまま流れていきます。4月が一年のうち一番はっきり見ることができる時期で,川岸で小舟をチャーターして(200B)川の中程まで進むとその様子がよく分かります。川の対岸のラオスでお土産を買うことも出来ます。

パーテム国立公園(ウタヤーン・ヘンチャート・パーテム)
140平方kmもの広さを持ち,1991年に国立公園に指定されました。地殻変動により生じた険しい断崖絶壁が見所で,その周りは沙羅やラワンの木々に囲まれています。また溶岩が固まって出来た無数の奇岩やそれを彩る美しい花々も見応えがあります。

▲PageTop

ウボンラチャタニの祭りと文化

ろうそく祭り
毎年7月に開催されるウボンラチャタニのろうそく祭りはスリンの象祭り,スコータイのローイクラトンと並びタイの三大祭りの一つと言われています。元来は暑季から雨季への移り変わりの時期に寺院にとどまることになる僧侶達にろうそくを寄進する習慣から始まりました。仏教説話を題材に見事な彫刻を施された巨大なろうそくが山車に乗せられて街を練り歩く様子は圧巻です。夜には山車がライトアップされて更に幻想的な美しさを醸し出し,祭りは一層盛況を増します。

サプー浅瀬ソンクラーン祭り
毎年4月のソンクラーンにサプー浅瀬で催されるお祭り。村人は互いに水を掛け合いムーン川で水浴びを楽しみます。イサーン地方固有のスポーツや音楽も披露されます。

▲PageTop

ウボンラチャタニの特産品

ウボンラチャタニには多数の興味深い特産品があります。代表的なものとして手織り木綿布,三角枕,絹布,金製品,かご類,イサーン風ソーセージ,ウボンラチャタニ名産川魚の塩漬け「ケムマークナット」,乾燥魚,筍まんじゅう等があげられ,これらの各種雑貨お土産は市街地及びサプー浅瀬付近の店で買い求めることが出来ます。

▲PageTop

ウボンラチャタニのOTOP

1)5つ星  クッサコーン村の「シルク」
OTOP NO. 341104-A002

鮮やかな色合いと模様が美しいシルクの布です。


2)5つ星  ポーンガーム村の「緑茶」
OTOP NO. 341001-B001

薫り高いクワの葉の緑茶です。


3)5つ星  ブンマイ村の「オレンジジュース」
OTOP NO. 341526-SA001

オレンジジュースです。


4)5つ星  パアーオ村の「シルク」
OTOP NO. 340120-C001

色合いが美しい無地のシルクの布です。


5)5つ星  サムローン村の「手織りシルク」
OTOP NO. 342201-A001

手織りのシルクの布です。
サイズ:幅 100cm
小売価格  400 バーツ  卸売価格  380 バーツ

▲PageTop